スポンサーリンク

ガジェット

【MSI】Bravo 15/Bravo 17のスペック・価格・特徴|ライバルのASUS ROG Zephyrusとどっちを買うべき?

MSIが発売したAMD Ryzen 4000シリーズ搭載のノートPC・Bravo 15とBravo 17。

注目のゲーミングPCのスペックや価格特徴をまとめました。

同じくRyzen 4000シリーズを搭載したASUSのROG Zephyrus G15がライバルでしょう。

ROG Zephyrus G15と比較しどちらが優れたゲーミングノートか見ていきましょう。

 

Bravo 15/Bravo 17の特徴

最高峰のCPU 優れたGPU性能 独自の冷却機能

 

CPUはRyzen 4000シリーズでノートPC最高峰の処理性能

  • Bravo 15:AMD Ryzen 5 4600H
  • Bravo 17:AMD Ryzen 7 4800H

MSIのBravo 15/17の大きな特徴はRyzen 4000シリーズのCPUを搭載している点です。

Ryzen 4000シリーズは7nmプロセスで製造されており、性能はIntelの追随を許していません。

スペック重視のゲーミングノートPCのCPUとしては現状最良のものでしょう。

CPU Passmarkのベンチマークスコア
AMD Ryzen 9 4900HS
19768
AMD Ryzen 7 4800H
19127
Intel Core i9-10980HK
17284
Intel Core i7-10875H
15647
Intel Core i9-9980HK
15631
AMD Ryzen 5 4600H
14933
Intel Core i9-9880H
13914
Intel Core i7-10750H
12877

PassmarkのベンチマークスコアではCore i9を圧倒しており、Bravo 15に搭載されるAMD Ryzen 5 4600Hも優れた性能です。

 

 

Radeon RX 5000シリーズ搭載でゲーミングノートの最先端へ

  • Bravo 15:AMD Radeon RX 5300M
  • Bravo 17:AMD Radeon RX 5500M

GPUは Radeon RX 5000シリーズを搭載。

上の画像はBravo 17のベンチマークテストの結果です。

ノートPCとは思えないパフォーマンスですね。

 

リフレッシュレート144HZ/120HZゲーミング液晶パネル採用

ゲーミングノートPCで大切になってくるのがリフレッシュレート。

フレームレートの数字は1秒間に何回画面が更新されるかを表しています。

一般的なものだと60Hzなので2倍以上の性能です。

ちなみにライバルのASUS ROG Zephyrus G15のリフレッシュレートは240Hzです。

 

独自の強力な冷却機能

どれだけハイスペックなCPUやGPUを搭載していても熱効率が悪ければ最大の性能を発揮することは出来ません。

Bravo 15と17は「Cooler Boost 5」と名付けられた独自の冷却機能を採用。

長時間本来の性能で使用できます。

 

ゲーミングノートPCだからこそ音にこだわった

Hi-Resオーディオに対応したヘッドホン出力端子を搭載しています。ハイレゾでより高音質な音楽を楽しめる!

ゲーム向けの迫力サウンドを生み出す「NAHIMIC 3」にも対応。FPSなどは音も重要なゲームの要素なのでこだわりがうかがえます。

 

Bravo 15/Bravo 17のスペック

Bravo 15 Bravo 17
OS Windows 10 Home 64bit
ディスプレイ 15.6インチ、フルHD(1,920×1,080)、ノングレア 17.3インチ、フルHD(1,920×1,080)、ノングレア、リフレッシュレート120Hz、AMD FreeSync
CPU AMD Ryzen 5 4600H
(3.0GHz / ブースト時 最大4.0GHz / 6コア12スレッド)
AMD Ryzen 7 4800H
(2.9GHz / ブースト時 最大4.2GHz / 8コア16スレッド)
GPU AMD Radeon RX 5300M AMD Radeon RX 5500M
メモリ 16GB
SSD 512GB(M.2 NVMe) 256GB(M.2 NVMe)
HDD 1TB
有線LAN Realtek RTL8111HS
(10/100/1000Mbps)
無線LAN Wi-Fi 6
Bluetooth 5.1
WEBカメラ 92万画素
インターフェース USB3.2 Gen1 Type-C ×1
USB3.2 Gen1 Type-A ×3
HDMI ×1
ヘッドホン出力 ×1
マイク入力 ×1
バッテリー 4,500mAh
本体サイズ(W×D×H/MM) 359×254×21.7mm 397×260×23mm
重量 1.96Kg 2.2Kg

Bravo 15もBravo 17もCPUとGPU以外は似通ったスペックとなっています。

違いはBravo 15がSSD512GBに対し、Bravo 17は256GBと少なくなっています。

その変わりBravo 17にはHDDが1TBありますがBravo 15にHDDはありません。

 

Bravo 15/Bravo 17の価格

Bravo-17-A4DDR-010JP:147,800円(税込)

まだBravo 15の正確な販売価格はわかりませんが税込み133,000円前後で販売される予定です。

 

Bravo 15/17とROG Zephyrus G15どっちがいい?

同じ15インチのBravo15とROG Zephyrus G15の比較
  • CPU:ROG Zephyrus G15の勝ち
  • GPU:構成による(ROG Zephyrus G15の優勢)
  • メモリ:同じ
  • ストレージ容量:同じ
  • リフレッシュレート:ROG Zephyrus G15の勝ち
  • コスパ:Bravo15の勝ち

 

同じくRyzen 4000シリーズを搭載したゲーミングノートのASUSのROG Zephyrus G15と購入を迷う人が多いと思います。

 

コスパで考えるとBravoの方が上です。お金がかかってもよりハイスペックをお求める場合はROG Zephyrus G15の方がよいでしょう。

 

GPUがAMDのRadeonなのがちょっと気になる

ROG Zephyrus G15はNVIDIAのGPUを搭載しています。

AMDのGPUはNVIDIAにはまだ届いていないイメージです。(全体のイメージです。ベンチマークスコアは個々のGPUにより異なります)

現在主流はNVIDIAのGPUなのかなぁという気はするのでその点はROG Zephyrus G15に軍配が上がりそう。

 

まとめ

AMD Ryzen 4000シリーズ搭載のゲーミングノートPCということで大注目の機種です。

Bravo 17はCPU、GPUともに現状最高峰の構成です。

 

また、MSIの公認サポート店(パソコン工房やTSUKUMOなど)でメモリを64GBまで増設できるのも良い。

メモリ16GBだと不安な人もこれなら安心です。

 

あと、単純にMSIのパソコンカッコいいですよね。コスパも悪くないので選びやすい1台ではないでしょうか?

Amazonで購入する

 

スポンサーリンク

-ガジェット

© 2021 男PLUS