アニメ

【62点】アニメ『空挺ドラゴンズ』感想と評価!飯テロアニメここに爆誕

スポンサーリンク

  1. HOME >
  2. アニメ >

【62点】アニメ『空挺ドラゴンズ』感想と評価!飯テロアニメここに爆誕

2020年冬、フジテレビが世界を狙うアニメを放送する枠「+Ultra」で放送されるのは『空挺(くうてい)ドラゴンズ』

ファンタジー×ご飯という異色のコラボで新鮮な作品になること間違いありません。

 

吉平監督の「CGアニメの表現の限界を越えたかった」という言葉に嘘偽りなし。空がめちゃくちゃ綺麗で肉も美味そう!

 

そんなアニメ『空挺ドラゴンズ』...どんな話なのか徹底的に分析していきたいと思いまーーーす

 

アニメ『空挺ドラゴンズ』ってどんな話?

空の覇者、龍<ドラゴン>。

その存在は多くの地上の人々にとっては脅威・災害であり、
同時に薬や油、そして食用としての価値がある“宝の山”でもあった。

そんな龍<ドラゴン>を狩る存在がいた。
捕龍船を操り、空を駆け、龍を狩り、旅をする。

彼らは「龍捕り」。
これはその中の一艇“クィン・ザザ号”とそのクルー達の物語である。

やはり見どころは龍の肉を使った食事シーンでしょう。

空で狩りをするクィン・ザザ号のクルーたちをCGで美しく描きます。CGアニメが苦手という人もいますが、そういう人も満足させるべく制作陣が本気で細部まで作りこみました。

違和感のない仕上がりになっているのか注目です。

 

アニメ『空挺ドラゴンズ』キャストとスタッフ一覧

放送日:フジテレビ「+Ultra」にて毎週水曜日24:55~(初回放送は1月8日(水)25:05〜25:35)

【キャスト】

ミカ:前野智昭
タキタ:雨宮 天
ジロー:斉藤壮馬
ヴァナベル:花澤香菜
ギブス:諏訪部順一
クロッコ:関 智一
ニコ:櫻井孝宏
バーコ:鳥海浩輔
カペラ:釘宮理恵
ガガ:熊谷健太郎
フェイ:古川 慎
バダキン:松山鷹志
オーケン:武内駿輔
ソラヤ:上村祐翔
メイン:赤﨑千夏
ヒーロ:榎木淳弥
ヨシ:井上和彦
リー:佐々木啓夫

【スタッフ】

原作:桑原太矩(講談社「good!アフタヌーン」連載)
監督:吉平"Tady"直弘
シリーズ構成・脚本:上江洲 誠
プロダクションデザイン:田中直哉/森山佑樹
アニメーションキャラクターデザイン:小谷杏子
CGスーパーバイザー:坂間健太
音響監督:岩浪美和
音楽:横山 克
オープニング・テーマ:神山羊「群青」(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)
エンディング・テーマ:赤い公園「絶対零度」(Epic Records Japan)
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ

 

「シドニアの騎士 第九惑星戦役」「BLAME!」で副監督を務めた吉平"Tady"直弘さんを監督として起用。

「シドニアの騎士」「BLAME!」を手掛けたCGアニメのプロフェッショナル達が再集結しました。

 

アニメ『空挺ドラゴンズ』全話感想

第1話「クィン・ザザ号」感想

弱肉強食

まだまだおもしろいかは判断できない1話でした。

龍を狩り肉や油を売って生活している捕龍船のクルーたちの物語。

「隣町に龍が出た」と聞いてすぐに狩りに行かなかったので人助けというよりはビジネスの色合いが強いって感じなんでしょうか。

 

2匹目に出会った龍が鳴いているのは子供を呼ぶためだと知って「ちょっと可哀そうだな」という新人・タキタ。

ミカ:「龍(おろち)とりを勘違いしてないか?龍はただ一方的に狩られる相手じゃない。殺す覚悟がない奴は死ぬぞ」

シビアなシーンでした。

おろちとりが直面しているものがこの一言に凝縮されています。

 

物語は始まったばかり。ここからどこまでおもしろくなるのか、期待したいと思います。

 

第2話「賞金と極小龍の悪魔風」感想

これは飯テロアニメだ

極小の龍が船内に潜り込みパニックになった2話。

捕まえた龍は悪魔風にして食べました。

見てるとよだれが出てきて

「あぁこれは深夜の飯テロアニメなんだなぁ」とはっきりわかりました

 

船内にいる登場人物たちはなんだか訳ありっぽいですね。

深堀されていくとよりおもしろさが増していきそうな予感!

 

第3話「光る龍と」感想

伝説と遭遇

ジローが聞いた伝説の光る龍が嵐の中を導いてくれたという話はホントだった!

嵐の描写や、そこから突如として現れる光る龍の姿は圧巻でした。

3DCGの良さが存分に発揮された3話でしたね。

 

第4話「乗船理由と龍のテリーヌ」感想

ヴァナベルさん回

タイトルは「乗船理由と龍のテリーヌ」だったので各登場人物の乗船理由が明らかになるのかと思いきや、全く謎のまま...

ミカはただ食べたいだけということではなさそうですね。龍捕りにまつわる過去があるのかな?

個人的にはヴァナベルさんのミステリアスな雰囲気を堪能できたので満足できた回でした。

 

第5話「空中海賊とパストラマ」感想

空中海賊参上

空中海賊が登場し、どうなることかと思いましたがミカが一人で制圧。

ミカ強すぎぃぃぃ

タキタが撃たれて本当に怒ってたみたいで、船員思いなミカが見れました。

 

第6話「祭りと龍肉の手延べ汁麺」感想

ジローの恋

ジローが町の娘カーシャと良い感じになった6話。

「お祭りに明日も一緒にこようよ」というジローの問いかけにカーシャは「バイバイ」と言って去っていきました。

 

そして捕まえた龍が動き出すし船が燃えるという事件が発生。

ジローとカーシャどうなっちゃうんだい?

 

第8話「暴れ龍捕獲作戦」感想

クィン・ザザ号クルーたちの勝利

暴れる龍を何とか捕獲に成功しました。

ミカが血だらけで戦線離脱した時はどうなることかと思いましたが、最後は甲板長のギブスがしっかり決めてくれました。

ジローとカーシャは良い感じでエンド。3話使ったのでもうちょっと盛り上がるかと思いましたが...

 

 

第9話「炊き出しの釜煮と龍のカツレツ」感想

ジロー編完結

ジローの恋物語はここで終了。甘酸っぱい恋の終わり...これが龍捕りに課せられた宿命なのか。

髪をバッサリして男らしくなったジロー。一皮むけました!

 

第10話「渡り龍と谷の底」感想

生きるということ

生きるとはどういうことなのか、龍捕りとはなんなのか考えさせられました。

タキタ編に突入!タキタは無事クィン・ザザ号に戻れるのか?

 

第11話「小さい龍と龍脳の漁師鍋」感想

龍捕りとドラゴン

弱った子供のドラゴンを空に帰すため山を登ったタキタ。

龍捕りはただの龍殺しではない...龍捕りは生きるために命をいただいている。

殺す側と殺される側ってだけじゃないのが深いなぁ。

 

第12話「龍の回廊」感想

終わってしまった...

遂に最終回を迎え終わってしまった「空挺ドラゴンズ」。

なんだか深みのありそうな作品だと思ったのですが、そこまで到達できず...

生と死、食う者と喰われる者...

ミカの過去とか気になったけどなしかぁ。

正直言って盛り上がりに欠けました。

 

『空挺ドラゴンズ』評価

62点

*点数は放送時点のものです

雰囲気重視のまったりアニメなので高評価はしにくい作品です。

 

ドラゴンを使った料理が毎回美味しそうな点は良いですね。

原作は「ジブリのパクリ?」なんて言われていますが、アニメはジブリに寄せず3DCGで勝負した点も評価できます。

ドラゴンも原作の雰囲気はありませんがアニメ独自の美しさを表現できています!

 

ですが、なんだか全体がぼやけていました。根底にあるテーマは深そうなのにそこまで踏み込まない。

途中で挫折した人も多かったのでは?

 

『空挺ドラゴンズ』見逃し配信動画はどこで見れる?

『空挺ドラゴンズ』はNetflixで全話一挙配信します。

1話放送後に全話一挙に配信するという暴挙に...

「+Ultra」枠は以前、『revisions リヴィジョンズ』も同じように全話配信していました。

見逃した人はもちろん、テレビ放送の続きが気になって寝れない人もNetflix一択です!!

 

アニメ『空挺ドラゴンズ』見逃し配信と全話感想まとめ

ジャンルとしてはほのぼの日常系なのかなぁ。

壮大なスペクタクルとご飯。新感覚のアニメになるんじゃないでしょうか。

個人的にはピリッとしたスリリングなアニメが好きなので楽しめるかちょっと不安ですが...

PVの映像を見て「これは本編も見るしかないな」と思いました。

 

映像美にも期待がかかります!

スポンサーリンク

-アニメ

© 2021 男PLUS