スポンサーリンク

ガジェット スマートフォン

5G料金プラン比較|ドコモ・au・ソフトバンクどこが一番お得なの?【おすすめ紹介】

5Gが遂にサービス開始しました。

新時代の幕開けにワクワクしている方も多いはずです。

 

気になるのは「どの通信キャリアが安いのか」「どんな違いがあるのか」

通信キャリア 5Gプラン料金(広告表示価格)
docomo(ドコモ) 4,480円~(6カ月)
au 3,460円~(6カ月)
softbank(ソフトバンク) 3,480円~(6カ月)

広告ではかなり安そうですが...実際の契約の価格とは大きく異なるはず。

料金や通信量(ギガ)の差をまとめました。

どの通信キャリアがいいか把握しましょう。

 

広告の価格に騙されるな!実際の価格は8000円前後

通信キャリア 5Gプラン名 割引前料金
docomo 5Gギガホ 7,650円
au データMAX5G 8,650円
softbank メリハリプラン 8,480 円

5Gプランの割引前の料金はドコモが一番安いです。

各社様々な割引を用意していますが、そもそも家族4人以上じゃないと満額の割引を受けられなかったり、インターネットの固定回線の契約が必要だったりと複雑...

広告に書かれている最大値引き後の価格よりも割引前の価格を知っておくことが重要です。

 

通信容量はauが勝利!ドコモもキャンペーンで同条件に

通信キャリア 通信量制限 デザリング
docomo 100GB(データ無制限キャンペーン中) 無制限(無料)
au 無制限 30GB(無料)
softbank 50GB プランの容量(500円)

通信容量はauが無制限なので一番条件がいいです。またドコモも現在キャンペーン中でデータ容量は無制限。

キャンペーンがいつ終わるかわかりませんが、キャンペーンといいつつ永遠と続けていく可能性も充分あります。

 

一方ソフトバンクは通信容量50GBと渋めの設定です。ソフトバンクの5Gプラン(メリハリプラン)にはtwitterやインスタなどを通信容量に含めないSNS放題があります。

 

デザリングはドコモの圧勝

通信キャリア デザリング 料金
docomo 無制限 無料
au 30GB 無料(申し込みが必要)
softbank プランの容量 500円(申し込みが必要)

5Gを利用したい人はデザリングをしてカフェなどで自分のパソコンを高速で使いたいという人が多いのではないでしょうか?

デザリングについては無制限のドコモが圧勝です

auは30GBまでしか対応していませんし、ソフトバンクはプランの容量に依存します(パソコンでデザリングした分の通信容量も消費されてしまう)。

 

またauとソフトバンクはデザリングに申し込みが必要でドコモは申し込みなしで利用できます。またソフトバンクはオプション料金500円が必要です。

 

各社プランを徹底解説!ややこしい割引をわかりやすく

ドコモ、au、ソフトバンクのそれぞれの料金プランを丁寧に解説し特徴を紹介しました。

 

ドコモ|5Gギガホ

割引前料金 7,650円
dカードお支払割 -170円
ドコモ光セット割 -1,000円
5Gギガホ割 -1,000円(最大6カ月)
みんなドコモ割り 2回線:-500円
3回線:-1,000円
最大割引額 4,480円(-3,170円)

 

デザリング無制限!これだけでドコモに移る価値あり

デザリングの通信量が無制限なのが本当に素晴らしいです。

ノマドワーカーのようなカフェや屋外でパソコンを使用する人はドコモ一択と言ってもイイでしょう。

 

速度制限がかかっても最大3Mbpsで通信可能

速度制限がかかっても5Gギガホなた最大3Mbpsの速度がでます。他社は速度制限がかかると128kbps以下になるので実際の使用に支障が出るレベルで遅くなります。

ドコモは速度制限がかかっても実用に耐えうる速度がでます。

 

割引前料金がauやソフトバンクと比べて安い

割引前の基本価格がドコモは1,000円ほど安いです。auやソフトバンクは2年間-1,000円割引することでドコモと料金を合わせていますが、2年後も安いという点ではドコモに軍配が上がります。

 

au|データMAX 5G

割引前料金 8,650円
2年契約 -170円
auスマートバリュー(固定回線) -1,000円
スマホ応援割Ⅱ -1,000円(翌月から6カ月間)
5Gスタートキャンペーン -1,000円
家族割プラス 2回線:-500円
3回線:-1,000円
4回線:-2,020円
最大割引額 3,460円(-5,190円)

 

速度制限なしはやっぱり魅力的

速度制限がないのがauの5Gプランの最大の特徴です。

 

最大割引には固定回線+家族4人の回線をまとめている必要あり

家族割りは4回線以上で2020円引きとお得ですがそもそも3人家族の世帯もあります。

最大割引を受けるハードルは高いです。

 

データを使わない月は自動的に1,480円割引

データ利用量が2GB以下の場合は1,480円割引されます。2Gしか通信しない人はそもそも5Gプランにする意味がないです。

ほとんどの人にメリットがない割引制度でしょう。

 

ソフトバンク|メリハリPLAN

割引前料金 8,480円
半年おトク割(6ヵ月) -1,000円
5G無料キャンペーン(2年間) -1,000円
おうち割 光セット -1,000円
みんな家族割+ 2回線:-500円
3回線:-1,500円
4回線:-2,000円
最大割引額 3,480円(-5,000円)

 

通信容量は50GB+特定の動画サービス&SNS使い放題

通信容量が50GBと微妙なソフトバンクですが、特定の動画サービスやSNSの通信はノーカウントです。

これには細かい条件設定があります。例えばYouTubeのライブ配信やLINEの無料通話は動画SNS放題の対象外。

またNetflixは対象サービスではないなど微妙な点が目立ちます。

 

2GB以下なら1500円割引

auにも設定されている通信量2GB以下なら1500円割引。

ほとんどの人にはメリットはないと思いますが、動画SNS放題対象のサービスのみ利用するという人は毎月2GB以下ということもあり得ます。

auよりは意味のある割引設定です。

 

5G料金プラン比較!おすすめはドコモ

5G料金を比較してドコモ一択だと思いました。

通信容量無制限キャンペーンかつデザリングも無制限と他社を圧倒しています。

auとソフトバンクは同じような料金体系+割引設定になっています。5G通信の容量無制限という点ではauの方がソフトバンクより上ですね。

ソフトバンクはデザリングオプションに500円が必要だったり3社ではワーストなプランとなりました。

 

最大割引は固定回線契約必須

最大割引は固定回線契約が必須です。また家族割りも3社とも設定しておりauとソフトバンクには4回線契約でないと最大の割引を受けられません。

また3社とも6カ月間1,000円引きの項目があり、6カ月以降は割引が無くなるので注意が必要です。

4,000円で契約できる人は少なく、多くの人は6,000~7,000円の間で収まるのではないでしょうか。

 

また各社低通信量用のプランを用意していますが、通信容量が少ない人はそもそも5Gのプランにする必要はないかと思います。

スポンサーリンク

-ガジェット, スマートフォン

© 2021 男PLUS