スポンサーリンク

ガジェット

【比較】Surface Pro 7とSurface Pro Ⅹどっちを買うべき?違いを知らないと損します

2019月10月3日に発売されたSurface Pro 7と2020年1月14日に発売されたSurface Pro X。

Surface Pro Xが後継機だと勘違いしている人も多いです。

Surface Pro 7とXは全く異なる性質を持ったパソコンであり、似て非なるもの!

 

そこで7とⅩの違いを明らかにし、どういう人におすすめか丁寧に説明しました。

どういう人が7を買うべきでどういう人がⅩを買うべきか見ていきましょう。

 

Surface Pro Ⅹは7の後継機ではない

Surface Pro Xは発売日は7の後ですが後継機ではありません。

関係性

×:iPhone8 とiPhoneX

×:ipadとipad pro

:iPhoneとandroidスマホ

関係性を例えると iPhoneとandroidスマホの関係に近いです。(これも微妙に違いますがイメージ的には近い)

Surface Pro XはARM版Windows 10を搭載したパソコンです。と言ってもなんのことかわかりませんよね?

ARM版Windows 10を搭載することによるメリットとデメリットをご紹介します。

 

Surface Pro Xのメリット

ARM版Windows 10を搭載する目的
  • 省電力化による連続起動時間のUP
  • simカードによる常時LTE接続

simカードを指して無線LAN環境を気にせず外で仕事をしたい人。電源環境がない場所で長時間作業する人。

Surface Pro Xはこういった人たちに向けた製品です。

 

Surface Pro Xのデメリット

省電力化などの強みのあるARM版Windows 10を搭載するSurface Pro X。

ですがその一方でARM版Windows 10のデメリットも存在しています。というよりデメリットが結構あります。

 

処理性能はSurface Pro 7より劣る

ARMはCPUのアーキテクチャのことで、Surface Pro 7ではIntelを採用しています。

ARMは省電力ではある代わりに、Intelと比べると処理性能が劣ります。

*ARMは主にモバイル端末で広く使われており、スマホはほとんどARM

 

使えないソフトがある(重要)


ARMはマイナーなCPUのためソフトウェアが対応していない場合があります。対応していなければそのソフトは使えません。

x86互換64bitアプリ  x86互換32bitアプリ ARM版アプリ
×

*32bit OS向けアプリケーションは、『Windows On ARM』というエミュレーションで動くのですが低速になります

ARMに対応しているアプリは快適に動くがまだ少ない。32bitアプリも動くが低速になる

×:Photoshop (フォトショップ)

×:Illustrator (イラストレーター)

×:Premiere (プレミア)

×:CLIP STUDIO(クリップスタジオ)

AdobeのソフトやCLIP STUDIOが対応していないのでこれらのソフトの使用を考えているのであれば迷わずSurface Pro 7を選びましょう。

 

Surface Pro 7とⅩがおすすめなのはこんな人

Surface Pro Ⅹのメリットデメリットを紹介したところで、それぞれどんな人におすすめなのか見ていきましょう。

Surface Pro 7がおすすめなのはこんな人
  • AdobeのソフトやCLIP STUDIOを使いたい人
  • ある程度のスペックを求めるひと
Surface Pro Ⅹがおすすめなのはこんな人
  • 外での活用が多く、電池持ちが気になる人
  • デザインが気に入っている人(薄型+細ベゼル化)

Surface Pro 7はマイクロソフトが提案する2in1ノートパソコンの正当進化で、Surface Pro Ⅹは持ち運びに特化した携帯機です。

特にこだわりがなければ多くの人におすすめなのはSurface Pro 7でしょう。

Surface Pro 7は遂にUSB Type-Cを搭載し磨き上げられた2in1ノートパソコンでかなり熟成されています。

一方、Surface Pro ⅩはARM版Windows 10を搭載した初めてのパソコンでまだまだこれから。

これからどんな進化をしていくのか楽しみです。(全く進化せず終わる可能性あり)

 

Surface Pro Ⅹをカッコいいと思ったら買い

Surface Proを長年愛用してきましたが、Surface Proシリーズは液晶タブレットとして使える点が凄く気に入っています。

IllustratorやCLIP STUDIOが快適に動作するので少々割高感があってもクリエイターなら買う価値はありました。

それがSurface Pro Ⅹはソフトに制限があり液晶タブレットとしての用途を満たしていません。

なのでぶっちゃけ誰が買うのか謎です。

 

ですが、あえて言いましょう。カッコいいと思ったらそれだけで買う理由になると!

薄型化、細ベゼル化、省電力化...

いや、もはやメリット・デメリットなど関係なくSurface Pro Ⅹをカッコいいと思ってしまったら...

その時は買い一択!

 

理屈を越えた先にSurface Pro Ⅹの購入はあるんだと思います。

 

スポンサーリンク

-ガジェット

© 2021 男PLUS