ガジェット

【最新GPU】RTX3080搭載パソコンどれを買う?各メーカーの特徴まとめ

スポンサーリンク

  1. HOME >
  2. ガジェット >

【最新GPU】RTX3080搭載パソコンどれを買う?各メーカーの特徴まとめ

遂に発売された次世代GPU GeForce RTX 3080。

「パソコンを自作しないけど気になっている」という人も多いはず。

各社から搭載パソコンが徐々に発売されはじめているので販売モデルをまとめました。

 

各メーカーのRTX3080搭載モデルパソコンを比較し、おすすめのパソコンをお伝えします。

 

RTX3080搭載パソコンの選び方

RTX3080に興味を持っているということはゲームや動画制作、3Dモデリングなどに「本気」ということ。

「本気の人」が失敗しないためのパソコンの選び方をまとめました。

 

ボトルネックを無くす

PCの性能はたくさんのパーツの組み合わせによって決まります。

RTX3080はとてもハイスペックなGPUですが、他のパーツが低スペックではRTX3080本来のパフォーマンスを発揮できません。

なるべく安い方が正義ですがCPU、メモリをケチるとRTX3080を積んでいるのにPCの性能が低いということになりかねないので注意。

 

CPUはAMDのRyzenが高コスパ

CPUはインテル製かAMD製から選びます。

インテルの方が何となくいい気がするかもしれませんが、現状AMDのRyzenの方が性能、価格、消費電量全てにおいてインテルを圧倒しています。

特に理由がなければRyzenを選択することをオススメします。

 

見落としがちな電源の性能も要チェック

CPU、メモリなどに気を配っていても、電源性能は見落としがちなポイントです。

RTX3080は消費電力が大きいパーツで充分な電力を供給できないと本来のパワーが発揮できません。

ワット数がより大きいものを選ぶと良いでしょう。

 

ドスパラ GALLERIA(ガレリア)の特徴とラインナップ

特徴
  • RTX 3080搭載のモデルを多数ラインナップしている
  • 電源は750W 【80PLUS GOLD】
  • 光学ドライブがない

ドスパラはモデルが豊富でいろんなニーズに対応しています。

最近はCMを打ち、プロゲーマーのスポンサーになることで知名度もかなり高まってきました。

光学ドライブがないので必要な場合はオプションで追加する必要があります。

 

基本構成
  1. OS:Windows 10 Home 64ビット
  2. メモリ規格:PC4-23400
  3. SSD:M.2 NVMe対応
  4. 光学ドライブ:なし

 

モデルラインナップ
モデル名 CPU/メモリ SSD/HDD 価格
GALLERIA UA9R-R38 Ryzen 9 3900X
32GB
1TB/2TB 340,978円
詳細
GALLERIA UA9C-R38 Core i9-10900K
32GB
1TB/2TB 329,978円
詳細
GALLERIA ZA9R-R38 Ryzen 9 3900X
16GB
1TB/ー 285,978円
詳細
GALLERIA ZA9C-R38 Core i9-10850K
16GB
1TB/ー 274,978円
詳細
GALLERIA XA7C-R38 Core i7-10700
16GB
512GB/ー 241,978円
詳細

 

モデル紹介

「GALLERIA ZA9C-R38」

電源:750W 【80PLUS GOLD】
CPUファン:Scythe 虎徹 MarkⅡ(SCKTT-2000)
274,978円


CPU
インテル Core i9-10850K

メモリ
16GB

SSD:1TB
HDD:ー

一言メモ:CPUファンは虎徹 MarkⅡを搭載。ハードディスクや光学ドライブを削ってコストダウンしている

 

GALLERIA XA7C-R38

電源 750W 【80PLUS GOLD】
241,978円


CPU
インテル Core i7-10700

メモリ
16GB

SSD:512GB
HDD:ー

一言メモ:スペックを一段下げて安さを追求したモデル。SSDが512GBなので少し不安

 

パソコン工房 LEVELの特徴とラインナップ

特徴
  • 電源はTITANIUM認証を受けた最高グレードのパーツを採用
  • マザーボードがASUS製

パソコン工房は800W 80PLUS TITANIUM認証を受けたATX電源を採用している点が目を引きます。80PLUS GOLDを採用しているメーカーが多い中TITANIUMを採用。(TITANIUMが最上位グレード、GOLDは中間)

マザーボードがASUS製で信頼できる点もGood。

 

基本構成
  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • メモリ規格:PC4-21300
  • SSD:M.2 NVMe対応
  • 光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ

 

モデルラインナップ
モデル名 CPU/メモリ SSD/HDD 価格
LEVEL-G029-LCi9SX-VAVI Core i9-10920X
32GB
500GB/3TB 328,878円
詳細
LEVEL-G0X5-R93X-VAXH Ryzen 9 3950X
32GB
500GB/3TB 323,378円
詳細
LEVEL-G04A-LCiX9K-VAXH Core i9-10900K
32GB
500GB/3TB 290,378円
詳細
LEVEL-G0X5-R9XT-VAXH Ryzen 9 3900XT
32GB
500GB/3TB 288,178円
詳細
LEVEL-G049-iX7K-VAXH Core i7-10700K
16GB
500GB/2TB 249,678円
詳細

 

モデル紹介

LEVEL-G0X5-R93X-VAXH

電源 800W 【80PLUS TITANIUM】
323,378円


CPU
AMD Ryzen 9 3950X

メモリ
32GB

SSD:500GB
HDD:3TB

一言メモ:化け物スペックのRyzen 9 3950Xを搭載。電源が若干不安要素

 

LEVEL-G04A-LCiX9K-VAXH

電源 800W 【80PLUS TITANIUM】
290,378円


CPU
インテル Core i9-10900K

メモリ
32GB

SSD:500GB
HDD:3TB

一言メモ:ストレージが3TBとガッツリ用意されています

 

LEVEL-G049-iX7K-VAXH

電源 800W 【80PLUS TITANIUM】
249,678円


CPU
インテル Core i7-10700K

メモリ
16GB

SSD:500GB
HDD:2TB

一言メモ:CPUスペック、メモリ容量を削った廉価モデル

 

マウスコンピューター G-Tuneの特徴とラインナップ

特徴
  • 水冷CPUクーラー搭載
  • 電源は驚異の1200W 【80PLUS GOLD】

マウスはハイスペックモデルに水冷クーラーを搭載し、電源も1200Wを採用。

本気の構成でかなり好印象です。

 

基本構成
  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • メモリ規格:PC4-21300
  • SSD:M.2 NVMe対応
  • 光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ

 

モデル紹介

G-Tune EP-Z

電源 1200W 【80PLUS GOLD】
CPU FAN 水冷CPUクーラー 240mm長型ラジエーター
330,080円


CPU
インテル Core i7-10700K

メモリ
32GB

SSD:1TB
HDD:2TB

*メモリ64GBの場合は+26,800円

一言メモ:電源、CPUクーラーともにトップクラスの性能ですがCPUがそこまでハイスペックじゃないのが気になります。

 

TSUKUMO G-GEARの特徴とラインナップ

特徴
  • 安価なCPUのRyzen 5 3600XT搭載モデルを用意
  • マザーボードはASRock X570 Steel Legend

TSUKUMO(ツクモ)はマザーボードの情報を公開している数少ないメーカーの一つです。

ASRock X570 Steel Legendを採用しており、信頼性が高いです。

 

基本構成
  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • メモリ規格:PC4-21300
  • SSD:M.2 NVMe対応
  • 光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ

 

モデル紹介

G-GEAR GA5A-H202/XT

電源 750W 【80PLUS GOLD】
219,780円


CPU
AMD Ryzen 5 3600XT

メモリ
16GB

SSD:500GB
HDD:ー

一言メモ:価格が安く魅力的ではあるがRyzen 5 3600XTがRTX3080の足を引っ張らないか不安要素ではある

 

FRONTIER(フロンティア)の特徴とラインナップ

特徴
  • 電源は850W 【80PLUS GOLD】
  • 光学ドライブはなし(オプションで追加可能)

FRONTIER(フロンティア)は850Wの電源を採用しています。

 

基本構成
  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • メモリ規格:PC4-25600
  • SSD:M.2 NVMe対応
  • 光学ドライブ:なし

 

モデルラインナップ
モデル名 CPU/メモリ SSD/HDD 価格
FRGHB550/38 Ryzen 9 3900X
32GB
1TB/2TB 285,780円
詳細
FRGH470/38  Core i9-10900
32GB
1TB/2TB 280,280円
詳細
FRGAB550G/38 Ryzen 7 3700X
16GB
1TB/2TB 252,780円
詳細
FRGAH470/38 Core i7-10700
16GB
1TB/2TB 247,280円
詳細
FRGAB550/38 Ryzen 7 3700X
16GB
512GB/1TB 230,780円
詳細
FRGAH470F/38 Core i7-10700F
16GB
500GB/1TB  230,780円
詳細

 

モデル紹介

FRGXB550/C

電源 850W 【80PLUS GOLD】
263,780円


CPU
AMD Ryzen 9 3900X

メモリ
16GB

SSD:1TB
HDD:2TB

一言メモ:メモリ32GB +12000円、メモリ64GB +34000円で増設可能

 

HPの特徴とラインナップ

*HPもRTX3080搭載モデルを発売予定です。

モデル名は「ハイパフォーマンスプラスモデル GT13-0825jp」

続報が入り次第更新します。

 

結局RTX3080搭載パソコンはどれ?

10月8日にRyzen3の発表があり、11月5日に発売することが決定しています。

ですので現状、RTX3080搭載パソコンを買うのは時期が悪いと言わざるを得ません。

 

Ryzen5000シリーズ搭載のモデルを待つのも良し、それに合わせてセールになる可能性が高いRyzen3000シリーズ搭載パソコンを狙うもよし。

在庫が年内は不安定な状態が続くと予想されるので、Ryzen5000シリーズも品薄になると考えるとRyzen5000シリーズ×RTX3080のパソコンが手に入るのはまだまだ先のことになるかもしれません。

スポンサーリンク

-ガジェット

© 2021 男PLUS