スポンサーリンク

【価格更新】新型トヨタ『ハリアー』デザイン、燃費、見積もり報告まとめ|フルモデルチェンジでココが変わった!

フルモデルチェンジするトヨタの売れ筋SUV『ハリアー』。

フルモデルチェンジの時期が近づき、発表を待ち望んでいた人も多いはず!

全面刷新された『ハリアー』は2020年6月17日に発売さます。

新しく生まれ変わった『ハリアー』の外観や内装、価格を見ていきましょう。

 

What's new|新型『ハリアー』何が新しくなった?

  • 今っぽくなったエクステリア
  • ラグジュアリーな新内装。レクサス越えか!?
  • 安全装備も充実。前後方録画機能付きのデジタルミラーが目玉

 

Design|新型『ハリアー』はよりスマートに

”イカつさ”があった『ハリアー』ですがフルモデルチェンジしスマートな印象に生まれ変わりました。

 

サイドから見るとクーペのようなルーフラインを確認できます。

よく見るとそこまでリアに向かって下がっておらず、リアウインドウの形を工夫することでクーペライクにしていることが分かります。

 

テールライトは一直線上で繋がっているデザイン。レクサスUXでも採用されており最近のデザイントレンドをしっかり取り入れています。

 

Interior|内装は豪華。質感はレクサス越えか!?

馬の鞍をイメージして作り上げた内装は歴代ハリアーとは一線を画すラグジュアリーな雰囲気に仕上がっています。

見て取れる質感はレクサス以上か!?

 

センターに置かれた大型液晶パネルは12.3インチ。

贅沢な雰囲気をしっかり出しているが、シフトノブはRAV4と共通の模様。コストカットするところはしっかりコストカットされている。

 

新装備として調光パノラマルーフがメーカーオプションで設定されています。

調光パノラマルーフ

電動シェードの開け閉めに加え、調光機能によりシェードが開いている状態での調光・透過を瞬時にタイムラグ無しに切り替えられるパノラマルーフ

 

Safety|充実した安全装備

第二世代の Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)を全車標準装備。最新の安全性能を実現しています。

 

プリクラッシュセーフティ

衝突回避や被害軽減をサポートするブレーキ。歩行者、車はもちろん自転車も検知。

レーントレーシングアシスト

車線を逸脱しそうになるとハンドルをアシストします。

レーダークルーズコントロール

先行車を検知して、適切な車間距離を保てる速度に自動で調整。

アダプティブハイビームシステム

先行車や対向車のライトを認識し、ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜道の視界を確保します。

ロードサインアシスト

標識をカメラで認識し、マルチインフォメーションディスプレイに表示します。
速度規制値を超えた場合などには、表示の点滅などでお知らせする機能もあります。

その他安全装備
  • インテリジェントクリアランスソナー(踏み間違え防止)
  • ブラインドスポットモニター(後方車両を検知しインジケーターに表示)
  • リヤクロストラフィックオートブレーキ(駐車場後退時に接近する車を検知し警告、さらにブレーキをかける)

 

デジタルインナーミラーに全後方録画機能追加

新型『ハリアー』にはデジタルインナーミラーが採用されています。

デジタルインナーミラーはヘッドレストの映り込みや後ろに荷物がある場合に重宝する先進的な装備。

『ハリアー』が採用するデジタルインナーミラーにはさらに前後方録画機能が搭載されます。

ドラレコ代わりに使えるのか!?

 

Power train|燃費・エンジン

エンジン 燃費
ハイブリッド(2WD) 19.0km/L
ハイブリッド(e-four) 18.6km/L
ガソリン(2WD) 15.0km/L
ガソリン(4WD) 14.4km/L

パワートレインはRAV4で使われている2.0Lダイナミックフォースエンジン(ガソリン車)、2.5Lダイナミックフォースエンジン(ハイブリッド車)を採用予定。

RAV4と比べて燃費は若干悪いです。車重が重い分でしょう。

 

Price|新型の価格は300万円~で覇権確定

駆動方式 グレード 価格
2L NAガソリン/FF S 299万円
G 341万円
Gレザーパッケージ 371万円
Z 393万円
Zレザーパッケージ 423万円
2L NAガソリン/4WD S 319万円
G 400万円
Gレザーパッケージ 430万円
Z 452万円
Zレザーパッケージ 482万円
E-Four S 380万円
Gレザーパッケージ 452万円
Z 472万円
Zレザーパッケージ 504万円
旧ハリアーの価格
  • ELEGANCE(ガソリン車)3,004,100円〜
  • PROGRESS(ガソリン車)3,850,000円〜
  • ELEGANCE(ハイブリッド車)3,844,500円〜
  • PROGRESS(ハイブリッド車)4,689,300円〜

 

まさかの300万円を切る価格設定でバカ売れ間違いなしです。

先代よりも地味な値上げがあると予想していましたが、先代と比べて値下げされている感すらあります。

 

Twitterでは早くも見積もり報告あり

見積もり価格422万円

 

見積もり価格4,750,000円

 

2つの見積もり

 

見積もり価格472万円

 

見積もり価格557万円

 

見積もり403万円

 

 

History|ハリアーの歴史。サイズが大型化


  • 1997-2003

    初代ハリアー

    クロスオーバーSUVの先駆け


  • 2003-2013

    2代目ハリアー

    トヨタ初のプリクラッシュセーフティ搭載車


  • 2013-2020

    3代目ハリアー

    ラグジュアリーなデザインで大ヒット車となった


 

フルモデルチェンジのたびにドンドン良くなるハリアー。

外観や内装、安全装備のブラッシュアップが行われましたが、新型ハリアーでは若干大型化しました。

 

全長 全幅 全高
4代目ハリアー 4,740mm 1,855mm 1,660mm
3代目ハリアー 4,725 mm 1,835 mm 1,690 mm

全幅が1850mmを越えてしまっており立体駐車場には置けない場合も...

大きさの変化が販売台数に与える影響にも注目です。

 

Release|発売日

6月17日発売予定です。

先行受注は始まっており、正式に発売されるまでに6カ月待ちになる可能性もあるそう。

購入予定の方は早めにディーラーにお問い合わせください。

 

まとめ

新型『ハリアー』は間違いなくSUV大本命の一台

最新のデザイントレンドを取り入れたエクステリアと最新の安全装備!

内装は豪華でレクサスを凌ぐ出来です。

 

コスパは外車と比べると断然良いはず

ライバル国産車と比べても一線を画します。同じトヨタのRAV4と迷う方もたくさんいそう。

今年の大注目の一台です。

スポンサーリンク

-

© 2021 男PLUS